顔の赤み対策用のクリームや化粧品を解説!

 

「どうしたの?熱でもあるの?」
「顔赤いけど、お酒飲んだの?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

そんな、あなたのために、赤ら顔対策用の化粧水やクリームをご紹介します。

 

※ちなみに、一部、返金保証あり!の化粧品もあります

 

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

コラム:赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?他に原因はある?

 

顔にあらわれる悩みにはニキビやソバカス、シワなどがありますが、赤ら顔で悩んでいるという人も少なくありません。頬を中心に目元や口元の赤みが目立つのには、生まれ持った体質によるものと他に原因があるものに分けることができます。

 

生まれ持った体質による赤ら顔には、皮膚の薄さが深く関わってきます。皮膚の下には毛細血管がありますが、皮膚が薄いとそれが透けて見えやすくなります。このタイプの人は体温が上昇することで、すぐに顔が赤くなるのが特徴です。さらに気温の影響も受けやすいので、衣服などでコントロールするようにしましょう。

 

体質とは別の他に原因には、肌に刺激を与えすぎていることが考えられます。顔の皮膚は非常にデリケートで、手足などの他の部位と比較すると、少しの刺激で反応するのが特徴です。洗顔や化粧水などのスキンケアも、普通に行っているつもりでも刺激になっている場合があるので注意が必要です。特に肌の水分量が低下する秋や冬は、肌が繊細になっているので丁寧にスキンケアをするように心がけてみましょう。

 

これに加え、ニキビも赤ら顔の原因に繋がります。ニキビによる炎症が長く続くと色素沈着を引き起こし、赤ら顔になる可能性が高まるので気を付けましょう。

 

 

お肌のお悩みの原因を解説!

 

化粧水を塗る女性

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

乾燥肌とは顔や体の肌に水分や皮脂が不足している状態のことをいいます。健康な肌は天然の保湿クリームである皮脂膜で覆われていますが、何らかの原因でそれが少なくなると肌がかさかさしたりつっぱったりして、ひどくなると小じわや肌荒れを引き起こします。

 

乾燥肌の原因はいくつか考えられます。まずは外気の乾燥と室内のエアコン利用による空気の乾燥、そして紫外線ダメージという外的要因です。次に肌のターンオーバーの乱れです。皮膚の新陳代謝であるターンオーバーは健康な肌であれば常に新たな細胞に入れ替わり肌のバリア機能が保たれています。しかしストレスや生活習慣の乱れなどによってターンオーバーのサイクルが早まったり遅れたりすると、肌のうるおいを守る物質が生成されにくくなり、肌内部の水分が外に逃げやすくなります。そして間違ったスキンケア法や入浴法なども乾燥の原因になります。肌荒れが気になる、テカリが気になるからとゴシゴシ擦るように洗って肌を傷つけることでターンオーバーが乱れてバリア機能を低下させてしまいます。最後に加齢による皮脂分泌量の減少です。個人差はあれど誰でも年齢を重ねるごとに水分を蓄え維持する力が弱まる傾向にあります。

 

乾燥肌といっても千差万別です。乾燥の原因をきちんと突き止めてそれぞれに合った対策をしましょう。